女性のアドバイスで、あなたにも彼女が出来るかも

彼女が出来ない悩みの男性を救う!

彼女が出来ない理由

「爬虫類好き 」男性に彼女が出来ない理由とは?【女性のアドバイスが的確!】

投稿日:

爬虫類など、希少なペットを飼っている男性は恋愛に恵まれるとは言い難い傾向にあります。

それはなぜなのでしょうか。

そして、爬虫類を飼い続けたままで彼女を作るにはどうしたらいいのか、その方法について考えてみましょう。

 

爬虫類と彼女の両立を

爬虫類を飼っているから彼女ができないというのは考え辛いことです。

ならば、爬虫類を飼いつつ彼女がいない男性が多いのはなぜなのでしょう。

それは、「彼女か、はたまた爬虫類か」と天秤に掛けてしまうからです。

でも、それって不自然ですよね。

爬虫類も好きで毎日眺めていたい。

彼女ができたら楽しくデートを楽しみたい。

ならば、両方を叶えるべく両立可能な生活を目指せばいいのです。

そうすることで、いまの何倍もの幸福感を味わえるようになります。

 

爬虫類を否定しない女性がベター

爬虫類好きな男性が彼女を作ろうと考えた場合、当然の如く理想的なのは爬虫類好きな女性とお付き合いすることです。

ただし、一般的な女性は爬虫類が苦手です。

だから、爬虫類のことが好きになれなくても、せめてあなたが飼うことには理解を示してくれる女性でなければなりません。

「爬虫類が部屋にいるから、おうちデートはなしね」と言ってくれれば御の字です。

実際、爬虫類を飼うのに快適な環境は人間的に心地よいとは限りません。

また、あなたの爬虫類ネタを世間話として受け入れてくれたら最高です。

本来であれば、あまり興味のない話題に違いないのですから。

 

デートに爬虫類を持ち込むのはタブー

交際に発展しないと悩む爬虫類好きの男性の悪癖には共通点があります。

それは、いつでも爬虫類のことが頭の隅に居座っているということ。

だからデートに出掛けても、爬虫類を扱うペットショップを見つければ、「ちょっと入っていい?」とおねだり。

しかも、入ったら最後、ショップ店員さんと爬虫類ネタの話に花を咲かせ、新しいエサのコーナーに釘付けで女性をほったらかし。

こんなデートしかできない相手と真剣に交際なんて考えられるわけがありません。

そこで、デートに爬虫類を持ち込むのはタブーと心得ましょう。

デート中は新しいショップを見かけても興味を示さない。

彼女から話を振られない限りは話題として持ち出さない。

そうすることで、彼女は爬虫類に対して寛容になれます。

あなたが爬虫類に固執し、執着心を見せれば見せるほどに女性の心は頑なになるのだと覚えておいて損はありません。

 

彼女を爬虫類の世界へ

爬虫類を飼っている男性であれば、交際をスタートさせると必ず、「彼女も爬虫類に興味を持ってくれないかなあ」と考え始めるようになります。

女性は爬虫類が苦手と頭では解っていても、求めてしまう。

これはもう、致し方のない性としか言いようがありませんね。

さて、これは徐々に推し進めなければ上手くいかないミッションです。

慎重に、ことさらゆっくりと事を運ぶことに気を付けなければなりません。

そして、彼女に爬虫類を拒否されたくないと思うのであれば、いきなりハードな世界へ誘うのは諦めて。

まずは入門編として、動物園程度のソフトな世界から見せてあげるのがポイントです。

ある程度の大きさを誇る動物園であれば、爬虫類コーナーがあるので、そこをデートがてら訪れましょう。

順路に沿って、あくまでも自然な流れで見学し、気の利いた解説を加えてあげればOK。

「詳しいね」とあなたの博識ぶりに感心し、あわよくば「爬虫類もよく見ると面白い」と好感触を得られるかもしれません。

彼女の関心度を慎重に量り、興味が本物と察知できた場合にのみ「今度、ペットショップに行ってみない?」と誘うのがスマートです。

 

爬虫類よりも彼女を最優先する

ペットを飼育する人たちの多くは、「ペットではなく家族」と主張し、愛情を注ぎます。

それ自体は問題ありませんが、中には1に爬虫類、2に彼女と我を忘れてしまう人もいるので気を付けてください。

女性は、生き物を大切に育てる男性に優しさを見出したとしても、自分を蔑ろにする男性のことは認めません。

即ち、彼女を失いたくないのであれば、「あくまでも君が最優先」と、常々きちんと口頭で伝えるようにしましょう。

「言わなくても通じるはず」「察してくれるはず」なんて都市伝説レベルのお話。

はっきりと言わなければ伝わらず、女性を不安にさせてしまいます。

反対に、きちんと伝えれば「しょうがないわね」と、大抵のことにおいては寛容な姿勢で許してくれるようになるから不思議です。

そのツボさえきっちりと押さえておけば、「私と爬虫類、どっちが大事なの!?」と究極の選択を迫られるような状況にはなりません。

 

最後にひとこと

ペットは物ものを言わないだけに、「自分が愛情を注がねば」となりがちです。

でも、女性は生まれつきの焼き餅焼き。

例えそれが会社の同僚相手でもペットだとしても。

男性の母親相手にだって焼き餅を焼ける生き物です。

それ故に、自分以外の何かがあなたの関心を持つ時点で許し難く、別れる騒ぎに発展しかねません。

彼女の存在を失いたくないのであれば「爬虫類は君の次に大切」という気持ちを、身をもって、且つ判りやすく表すべきなのです。

 

-彼女が出来ない理由

Copyright© 彼女が出来ない悩みの男性を救う! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.